【ウォーキング・デッド】シーズン9!第1話の感想・ネタバレ・今度の展開予想

カールや多くの犠牲を出したものの、長い長い救世主(ニーガン)との戦いが終わったシーズン8。

結局ニーガンや救世主メンバーを殺さずに「協力して生きていく」ことを選択したリック。

しかし夫(グレン)を殺されたマギーや、これを疑問(不満)に思うその他メンバー、、。

そしてマギー、ダリル、ジーザスがリックへの不満を語り、何やら不穏な動きを、、、というところでシーズン8は終了しました。

ついに仲間内で内紛が勃発なのか?と期待と不安を覚えながらモヤモヤした日々を過ごしていましたが、待望のシーズン9の配信がスタートしましたね。

この先はネタバレ注意です。

ウォーキング・デッド「シーズン9第1話」あらすじ

ニーガンとの戦いが終わってから大体1年後ぐらいの時間軸の話でしょうか。

アレクサンドリア、ヒルトップ、王国、救世主、(オーシャンサイド)が協力・助け合いながら生活していくものの徐々にトラブルや不満が生まれ始めます。

次第に物資が足りなくなり、聖域の穀物が枯れるなど状況は悪化。
みんなで協力すべきだと話すリックに対し、食料は渡すが危険な仕事(橋の修繕作業)は救世主が行うべきだと主張するマギー。

また聖域との協力はいずれ失敗すると話し、聖域を仕切るのを辞めたいと話すダリルに対し、いまいち納得できないリック。

極め付けはリックやマギー達と調達に出た際に10代のケンが犠牲になることで問題が勃発。
これをいい機会だと感じたマギーをよく思わないグレゴリーが、ケンの両親にマギー暗殺をそそのかせます。

もちろん失敗に終わりましたが、この計画がバレたことでマギーはグレゴリーを処刑に、、、

この出来事に対してもリックやミショーンは疑問を覚えます。。

各キャラの主張が食い違い確執が生まれ始めるタイミングを描いている第一話です。

マシスン美術館に物資を探しに出るリック達にウォーカーの恐怖

アン(ジュイディス)の記憶を辿りに、マシスン美術館に物資を探しに出るリック達。
無事に植物の種や物資を手に入れ戻る途中、しれっとこの流れでエゼキエルがキャロルにプロポーズ。

このシーンの前に美術館で危険な目にあったエゼキエルとキャロルがキスをしていたので察してはいましたが、、、
またしてもビックカップル誕生か!と妙ながっかり感を覚えたことは内緒です。まあ返事は保留でしたけどね。

さてそうこうしていると帰宅ルートの橋が崩落していることに気付く御一行。
アレクサンドリアに留まるべきだと話すミショーンに対して、マギーは「ハーシェルの元に戻らないと」と話し別ルートで戻ることに。

「マギーの子供の名前がハーシェル」であるとわかる発言なのですが、最近ハーシェル役のスコットウィルソンさんが死去したようで、なんだが心を揺さぶられる発言だったなと感じます。

その話は置いといて、迂回している時にウォーカーの群れに遭遇。
ここで不運なことに10代の若者ケンが犠牲になってしまう。

シーズン9まで来ると人間同士の戦いで命を落とす事が中心ですが、ケンはウォーカーに噛まれ死んでしまいます。
一応ゾンビ映画なので、定期的にウォーカーによる犠牲者は出てしまう、、のですね。

命をかけてまで調達した物資は「植物の種」や「農作機」「荷馬車」など。
中途半端に荷物を守ったり馬を守ったりするなら最初からウォーカーと戦うのはダメなのか!?そんなに数も多くなかったけど。。

まあそれはいいとして、この出来事がのちに大きなトラブルを生んでしまうのです。

グレゴリーによるマギー暗殺計画!

息子(ケン)を死なされてしまった両親(母タミー・父アール)は酷く落胆。
母タミーがマギーに詰め寄るものの父アールは諦めムード。

しかしこのマギーをよく思わないグレゴリーがちょっかいを出します!
そう!両親を利用したグレゴリーのマギー暗殺計画です、、

酒を飲ませながらアールにマギーの悪口を吹き込み、悪者だと信用させて暗殺させようとするあくどい方法。
結果的に暗殺未遂に終わりますが、これが原因でマギーは激怒。

昨シーズンでしぶとく生き残されていたグレゴリーはあっさりと処刑されてしまいます。
そこはあっさり殺しちゃうんだ、、と思いながらも、この事件(処刑)でさらにマギーとリック&ミショーンとの溝は深まりそうな予感です。

もちろんトラブルの原因になる人物なのでこれで良かったとは思いますが、どんどんマギーの存在が怖くなってきたなと。
ヒルトップの住人の中にも「疑問」を覚える人はいるでしょうね。

今後ケンの両親(母タミー・父アール)がどう過ごしていくのかが注目です。

聖域では徐々に内部トラブルが。まとめ役のダリルも嫌気がさす状況に

その頃聖域では穀物が枯れ、意見がぶつかり合う展開に。
もともとは敵同士の間柄ですから、「俺たちはニーガンだ」と言う落書きなども生まれ出しています。

この状況に聖域をまとめるダリルは嫌気をさしリックに相談。
もともと救世主軍団との協力をよく思っていないダリルですから、不満がちょい爆発、、

「ここじゃ作物は育たないしだからニーガンは外から調達していた!悪天候で橋や道は崩れるし、いずれ聖域での生活は失敗するぞ」だからもう嫌だ!と。。

リックに対して苛立ちを見せるダリルは、ここの(聖域)の仕切りを辞めてマギーや赤ん坊がいるヒルトップに戻りたいと話します。

話はまとまらなかったものの、この話を聞いてしまったキャロルが「代わりに聖域に残る案」を持ちかけます。
結局この話がまとまったようで、翌日エゼキエルとジュリーを送り出す形でお別れをしていました。

相変わらずダリルとキャロルの関係はほんわかしますが、ダリルとリックの関係も溝が深まってしまいモヤモヤ、、
やっぱり初期メンバーのトラブル系は心が痛みます。

リック&マギーの確執!ヒルトップへの協力を拒むマギー

グレゴリーに襲われた翌日ヒルトップを訪れたリック&ミショーン、ダリル。

リックはマギー(ヒルトップ)に橋の修繕協力の依頼に。さらには聖域に食料や穀物の支援も依頼。
苦境にある聖域を助けるべきだ!協力してくれ!と話すリックに対し、マギーは不満をぶちまけます。

  • 食料が必要なら協力はする
  • 橋の修繕に為に人員は貸さない
  • 彼らが作る燃料も貰う

この条件に加え、「彼らは降伏した。殺さなかった。それが限界よ。他人の面倒まで見れない」とひと蹴り。

このあたりでマギーのフラストレーションが溜まりまくっている事がよく分かります。
むしろちょっと怖くて、今後マギーがどんどん人を殺めるのではないかと不安な気持ちになりました。

少なくともリックとマギーの確執がやばいことになっていきそうです。

ちなみに時系列的にはこの日の夜に「グレゴリーの処刑」が執行されています。

「ウォーキング・デッド シーズン9」今後の展開予想

シーズン9の配信を楽しみにしていましたが、この後の展開はなんとなく味方同士の内紛などが多くなってきそうで憂鬱になっています。

リック役のアンドリュー・リンカーンはシーズン9の6話までで降板するとすでに発表されています。

この事を考えてもリックはなんらかの形で死ぬはずです。

モーガンのようにグループを抜けるならミショーンも一緒に抜けると思うので、それはないと思っていますが果たして、、

もしかしたら「強制的に追放」みたいなパターンはあるのかもしれませんがね。

とにかく各キャラの確執が生まれた第1話なので、今後の展開には覚悟が必要かもしれませんね。

あと、個人的には前作で追い出されたドワイトがどのような形で今後絡んでくるのかが気になるところです。

最後に個人的には作中でのカップル誕生は嫌!(笑)

リックとミショーンの関係は未だに慣れないし、ラブシーンには嫌悪感を覚えてしまうのは私だけではないはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です