【ウォーキング・デッド】シーズン9!第5話ネタバレ!リックよ永遠に!そして新たな主人公登場!

第四話はリックがウォーカーに取り囲まれる中、わき腹に鉄骨が串刺しになる、、、

そんな絶望的な場面で終わりましたよね。

ニーガンを殺す覚悟を決めたマギーやダリル、それに抵抗するリック。またニーガンとミショーンの駆け引き?など盛りだくさんの内容。

次話(第五話)でリックは降板が決まっているので、良くも悪くも全てが動き出す。

どうなるのどうなるの?と期待感を抱かせるような第四話でした。さてきになる第五話では一体どうなったのでしょうか?

この先ネタバレ注意。

ウォーキング・デッド「シーズン9第5話」あらすじ

第五話はリックがリックに起きろと呼びかけるシーンから始まります。

そうです。これは串刺しになって気絶しているリックの夢。意識を戻して間一髪危機を脱したリック。

意識朦朧としながら向かう先は再建途中の橋。それを崩壊させてウォーカーを濁流に流そうという目論見です。しかし橋は崩れません。

死を覚悟したリックは命と引き換えに橋を爆破!それを目撃した仲間はなき愚図れてしまいます、、、、。

ついにリックが死んだか、、と思いきや、なんと川に流されたリックをアンが発見!

ヘリコプターとの交渉を行う寸前だったアンはリックを助けたいとお願いし、リックの命は助かった?のです。

この先はどうなるんだろう、、と考える間も無く「現れたのは大きくなったジュディス」です!

予期せぬ展開に、私はここで自然と涙が流れました。

今まで引っ張ってきたリックに対する敬意を感じれる「超絶神回」な第五話を具体的に見ていきましょう!

マギーVSニーガン!変わり果てたニーガン、、演技か否か

さて先ずはニーガン殺害を決意したマギーの話です。

アレクサンドリアにやってきたマギーに、話を聞きつけたミショーンが立ちはだかります。

しかしマギーの熱く苦しい思いを打ち明けられ、ニーガンの独房の鍵をあっさりと渡してしまいます。

グレンを残酷に殺したこともあり、必ずマギーが自分を殺しに来ると悟っていたニーガン。

挑発するように話しかけるニーガン。これに苛立ちを見せ殺意がさらに高まるマギー。しかしこれはニーガンの思惑通り。

「自分を殺してほしい」「早くルシール(妻)のもとに逝きたい」と願うニーガンの煽りだったのです。

そこには弱り果てたニーガンの姿が、、。涙を流し弱音を吐きまくるニーガン。これを見たマギーはこの苦しみを持ち、生かし続けることが最適だと判断します。死ぬより悲惨な選択ですね。

結局ニーガンを殺害することはなく終わりましたが、ここで気になるのはニーガンの本当の気持ちです。

演技なのか本心なのか。冷酷なニーガンだからどうせ演技でしょ、、と思いましたが、この暗く孤独な独房生活は数年経っていて精神的に相当きついのではないかとも感じます。

今後の展開で定かになるでしょうが、個人的には本心なんじゃないかなという気持ちが強いですね。

死の淵を彷徨うリックの回想シーン

そしてここからは第五話のメインである「リックの行方」です。

串刺しになり気絶するリックは、夢の中で自分に「起きろよクソ野郎」と言われ目覚めます。

そこには迫り来るウォーカー。なんとかベルトを使い抜け出したリックは、意識朦朧とする中ウォーカーを誘導させようと必死に抵抗。

道中何度も気絶してしまうのですが、その度に夢の中に過去の仲間が現れ、弱気になったリック(死の世界に行こうとしている)を呼び覚ませます。

最初はシーズン1~2で登場したリックの親友シェーン。

さらに登場したのはシーズン2~4に登場したマギーの父親でもあるハーシェル。

続いてシーズン3~7まで長く共に戦ったサシャ。

最後は今も共に戦っている仲間たちとミショーン。

彼ら(仲間)に助けられながらなんとか橋までたどり着いたリック、、、しかし橋は崩れず絶体絶命。

いやなんでグレン出てこーへんねん!とご立腹の私ですが、ハーシェルとの熱い抱擁には思わず目頭が熱くなりました。

最近ハーシャル役の方が白血病で命を落としてしまいましたしね、余計にグッとくるものがありましたよ。

ここでの各仲間とのやりとりは夢とはいえ、今までずっと見てきた視聴者には嬉しい展開でしたよね。

リック死を覚悟!橋を自分ごと爆発!さらばリック

なんとか過去の仲間たちに助けられながらも(夢の中で)、たどり着いたのは再建途中の橋です。

もう橋を崩してウォーカーを濁流に飲み込ませるしかないと思っているリック。しかし現実は厳しく「橋は崩れない」のです。

リックはついに諦め死を覚悟。

寸前でダリル、マギー、ミショーンが現れますが時すでに遅し、、

自分の為に犠牲を出すのは苦しい、、リックがとった行動は「ダイナマイトを爆発させる」でした。

「家族を見つけた」と言い放ち自分もろとも橋を爆発、、そのシーンを見届けた仲間は当然泣き崩れます。

いやもうこの時のダリルの表情が切なくて悲しくて私は号泣。。だって最初からずっと一緒に戦ってきた仲間ですから、、、、

ダリルの悲しく切ない表情、後ろ姿は演技云々ではなく「本当の家族」だと思っているからこそでる本当の表情だと思いました(何様)

ついに長く続いた主人公リックの時代が終わりました、、、

衝撃の展開1!謎のヘリコプターと取引寸前のアンが見つけたのは、、瀕死のリック

悲しんでいるのもつかの間。

なんとヘリコプターと取引寸前だったアンが「川岸に流れ着いた瀕死のリック」を発見。そうです!リックは生きていました!!!!

うおおおおお~~まじか!!!と興奮する私。

アンは「Bがある」「最初からAはなかった」「傷ついているけど強い人よ」「友人を救いたい」「私を救った人よ」「そっちのためにもなる」と、ヘリコプターの相手を説得し始めます。

交渉は成立。リックはアンによって救出されたのです。ヘリコプターの中で手当てを受け立ち去るリック。

リックの最期はバッドエンドではなく最大限の敬意を表されたものでした。

いや待てよ。リックはBだったのか!私の予想ではAだったので、マジかーーーとちょっと考えました。

でも今はそんなことどうでも良い!この終わり方には個人的には満足なのでよかったよかった!

衝撃の展開2!時は進み数年後の世界に現れたのはジュディス!

リックがヘリコプターで助けられ、これで違うコミュニティに行った体で降板か、、ハッピーエンド?でよかったじゃん!

作者のリックに対する敬意が感じられて自分の中では満足満足!

さあここからどんな話が続いて行くのだろう?なんて思っていると、場面はウォーカーに囲まれる集団が映し出されます。

どうも見慣れないメンバーで、新たなコミュニティの人たちかな~なんて呑気に思っていると、、、

そこに現れたのは「カールのハット帽(正確にはリックの)」「ミショーンの刀」を身にまとった少女が登場!

そうです!なんと現れたのは大きく成長したリックの娘「ジュディス・グリムス」です。

いや思わぬ展開に自然と涙がこぼれ落ちました。なんだかよくわからない感情。少なくとも良い涙には違いありません。

「ウォーキング・デッド シーズン9」今後の展開予想

涙あり驚きあり興奮あり!とにかく神回な第五話でした。

ここでリックが引っ張ってきたウォーキング・デッドは終わりを告げ、次回からは新たなストーリーが始まるのでしょう。

「全く別のストーリー」になる訳ではなく「新たな世界が始まる」といった感じでしょうか。

ダリル役のノーマンが以前の会見で「今シーズン可愛い相棒ができるんだ」と話していたことがありました。

それはジュディスだったんですね。

つまり今後はダリルが父親役のような存在になり、ジュディス中心に話が展開されて行くのでしょう。

ただしリックがヘリコプターに助けられたと言う事は、A.Bの謎やそもそもこいつらは誰なんだ?と言う事は触れられないのかな?と感じました。

(そこが出てくるならリックに触れない訳にはいきませんからね)

ニーガンの存在も気になるし、予想もつかないワクワクな展開になってきましたね!

また次回予告でキャロルがエルフみたいになっていたのが気になりました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です